一覧に戻る

【ヘアカラー】は、なぜ【かゆくなる】の?

こんにちは♪

月と風代表のかおりです(^^♪

 

あなたは、ヘアカラーをしていて

 

「かゆいな…」

「ヒリヒリするな…」

「臭いがきついな…」

 

と感じたことはありませんか?

 

美容室で〔ヘアカラー〕〔ヘアダイ〕と一般的に言われているのは、正式には〔酸化染毛剤〕という、医薬部外品のことです。

 

今日は、この〔ヘアカラー〕がなぜ「かゆみ」「かぶれ」を引き起こすのか?についてお話します。

 

 

◆ヘアカラー剤の成分とは?

 

一般的な美容室や、ドラッグストアで使用販売されている〔ヘアカラー〕は、ジアミンなどの〔酸化染毛剤〕が配合されています。

 

ヘアカラーは、黒髪を明るい茶色にしたりしますが、簡単に説明すると

 

化学薬品で髪の元の色を抜き(脱色し)、化学反応を起こして発色・着色

 

させるものです。

 

ですから、絵具のように色を塗っているのではなく、あくまでの〔化学反応〕を頭皮の上で起こしていることになります。

 

そして、その中の成分は(ほぼ)100%化学薬品。

ジアミンなどの〔酸化染毛剤〕以外に何が入っているかというと…

 

 

ご覧の通り、配合された成分のほとんどに〔毒性〕が指摘されています。

 

◆厚生労働省に認可されているから、安心なんじゃないの?

「厚生労働省に認可されているから、安心なんじゃないの?」

と、美容師さんは言うことがあります。

 

しかし、ジアミンなどの〔酸化染毛剤〕は、使用が禁止されている国も多いことをご存知でしょうか。

 

また、厚生労働省が認可しているからと言って、その後〔薬害問題〕が起こることはとても多いのです。

 

そして、厚生労働省はヘアカラーに配合された薬品が身体にとって害があることを知っているので、以下のような取扱注意の用紙が、ヘアカラー剤の中には必ず入っています。

 

 

 

 

なぜ、このような注意文を書く必要があるのでしょうか?

 

それは、先ほど記載した、毒性一覧のように、私たちの身体に対して害があると分かっているからです。

 

 

 

◆まとめ

「かぶれ」や「かゆみ」が起こる原因は、ヘアカラー剤の中に入っている、さまざまな毒性を持った化学薬品です。

 

「私はカラー剤が合わないから…」

 

という方がいますが、「蕎麦のアレルギー」と「ジアミンなどのアレルギー」は、全く別物だと思ってください。

合う合わないの問題ではありません。

 

また、「かぶれ」や「かゆみ」がなかったとしても、化学薬品は体内に蓄積されやすく、排出されにくい特徴があります。

その為、長年蓄積されたものが原因で、ある日突然かぶれたりする場合がありますし、また、ガンなどの内臓への悪影響も懸念されます。

 

化学薬品100%のヘアカラーをする場合は、頭皮に絶対絶対付けない!!という条件で、やりたいものですね。

 

※月と風では「髪を明るくしたい」「おしゃれも楽しみたい」という方のために、ブリーチ剤(脱色剤)を使用して、髪の一部分の色を抜き、明るくしてから、ヘナを塗布するという「ヘナのおしゃれ染め」も行っています。その場合は(当然ですが

)頭皮には、絶対不着しないように、安全性には十分配慮して、施術を行っています。

 

 

 

月と風では、髪や頭皮、身体の健康を考えた、100%天然のヘアカラー〔ヘナ〕を中心に、お客さまの悦びを創っています

 

■ヘナについてのお問合せは各店舗まで■

〔長良店〕

0120-136-770

〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東2-2-14

営業時間 9:00~17:00
open:月~土曜日 close:毎週日曜

 

〔城東通店〕

〒500-8441 岐阜県岐阜市城東通1-24

0120-961-552

営業時間 9:00~17:00
open:火~土曜日 close:毎週日・月曜

一覧に戻る

髪や頭皮の悩み、あきらめていませんか?

頭皮に関する悩みの多くは、「太陽と大地のヘナ」で解決できます。

営業時間9:00~17:00
open:月~土 close 毎週日曜(月1~2回月曜日)
岐阜県岐阜市福光東2-2-14(ピアゴ長良店すぐ北)

※初めて「月と風」にご来店の方は、必ず2日以上前に「カウンセリング&パッチテスト」のご予約をしてください。